無料講座CSR360° 第1回 「CSRについて地域の企業や個人が考える必要性とは」 ゲスト:森摂さん(オルタナ編集長)


NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボが横浜市立大学と協働し、CSRで持続可能な未来を社会とともに築いていく企業・経済社会によるCSRの「いま」と「これから」を学び考える無料講座「CSR360°」。
 
全3回で実施する同講座は”CSRとは?”というCSRの基礎から、地域のネットワークを活用した地域貢献・社会貢献活動をする方法やCSRのあり方を考えるなどの実践的な内容まで、様々な角度からCSRについて考える連続講座です。CSR活動について様々な人・企業・団体などが協力することで、それぞれの目指すべき社会や解決すべき課題を確認し、理解しあうことを目的とする講座シリーズです。
 
<概要>
第1回「CSRについて地域の企業や個人が考える必要性とは」 
日時:2月12日(金)19:00~21:30
場所:日本丸メモリアルパーク訓練センター 第1会議室
(神奈川県横浜市⻄区みなとみらい2-1-1)
講師:森 摂氏(株式会社 オルタナ代表取締役社長)
参加費:無料
<内容>
中小企業の経営者、また、そこで働く者にとって「CSR 活動」とは、どのような価値を生み出す行為か? はたまた「無駄遣い」なのか?
CSR検定、メディアなどさまざまな仕掛けで「グッドカンパニー」「ソーシャルカンパニー」への脱皮を促す森摂・オルタナ編集長をお招きして、CSRの本質を学びながら、交流を深めます。
 
▽森 摂 氏プロフィール
株式会社オルタナ代表取締役社長、オルタナ編集長
東京外国語大学スペイン語学科を卒業後、日本経済新聞社入社。流通経済部などを経て1998年~2001年ロサンゼルス支局長。2006年9月、株式会社オルタナを設立。現在に至る。主な著書に「ウェブ時代の英語術」(NHK出版)、「ブランドのDNA」(日経BP社)。訳書に、パタゴニア創業者イヴァン・シュイナードの経営論「社員をサーフィンに行かせよう」(東洋経済新報社)がある。
https://twitter.com/setsumori
http://www.alterna.co.jp/
<申込方法>
このfacebookページで「参加する」を押すか、下記のアドレスに「2月12日CSR360°参加希望」というタイトルでメールをお送りください。
localgoodteam@yokohamalab.jp
 
=================================
 
同イベントは3回シリーズとなっています。
ほか2回の詳細はこちらからご確認ください。
 
第2回 「非営利団体の資金調達と企業のCSR」
日時:2月15日(月)19:00~21:30
場所:さくらWORKS<関内>
(〒231-0012 神奈川県横浜市中区相⽣町3-61 泰⽣ビル 2F)
講師:長浜 洋二氏(株式会社PubliCo 代表取締役CEO)
詳細はこちらより
FacebookイベントページURL:
https://www.facebook.com/events/1033343576708479/
 
第3回 「みなとみらいから発信する地域貢献・社会貢献」
日時:2月18日(水)19:00~21:30
場所:さくらWORKS<関内>
(〒231-0012 神奈川県横浜市中区相⽣町3-61 泰⽣ビル 2F)
コーディネーター 
影山 摩子弥氏(横浜市立大学CSRセンターLLP センター長)
パネリスト
三宅 理絵氏(株式会社富士ゼロックス)
深堀 昴氏(全日本空輸株式会社)
詳細はこちらより
FacebookイベントページURL:
https://www.facebook.com/events/564448863720315/
 
LOCAL GOOD YOKOHAMAホームページ
http://yokohama.localgood.jp/
 
主催:NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
※本講座は、横浜市立大学の平成27年度教員地域貢献活動支援事業(協働型)採択事業「横浜の地域課題からオープンイノベーションを生み出す企業ネットワークの構築とCSR活動を伝える新たなコミュニケーション手法の研究」の一環として、影山摩子弥研究室との協働事業として実施します。
 
<お問い合わせ>
NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
TEL:045-664-9009
MAIL:localgoodteam@yokohamalab.jp